2014年05月02日

べじカフェ1919

新潟駅南にある野菜料理のお店「べじカフェ1919」

vegecafe1919_1.jpg


店内はとても落ち着いた雰囲気です。
少しですが雑貨なども売ってました。

vegecafe1919_6.jpg



まず注文したのがスムージーです。

vegecafe1919_2.jpg


キャベツ、ブルーベリー、豆乳、はちみつが入ってるらしく、注文を受けてからミキサーで作ってる音が聞えました。

色はほぼブルーベリーで、豆乳の甘み、キャベツ特有の香りが口に広がります。
ブルーベリーの味もしっかりとします。
キャベツの青臭さが気になりそうですが、豆乳のまろやかさがそれを包み込んでいるという印象です。

とても美味しく、体にしみ渡る様なスムージーでしたるんるん


べじサラダ(850円)

vegecafe1919_3.jpg


値段も少し高めな事もあり、量は多めです。
一人で食べるというよりは、前菜として2〜3人で食べると良いでしょう。
酸味のあるドレッシングの味は結構濃い目(塩分量、油量)でした。


週替わりの「べじごはん」(1,080円)を注文しました。

この日は「とろとろの塩じゃが」でした。

vegecafe1919_4.jpg


じゃが芋はほくほくと柔らかく仕上がっており、薄めで柔らかい味付けが特徴的です。

サラダや各種小鉢がついてきます。
このセットをたのむなら、べじサラダは必要なかったかも??

ご飯は、白米と五穀米から選べたので五穀米にしました。


べじカフェのおやこ丼(900円)

vegecafe1919_5.jpg


鶏のひき肉と舞茸のそぼろと温泉卵がのった親子丼です。

でも、「親子丼」というよりは、「鶏そぼろご飯」というネーミングがしっくりきそうな一品でした。

ごはんには、汁がたっぷりとかかっており、牛丼屋でいうところの「つゆだく」状態となっていました。



お洒落な雰囲気の店内で美味しい料理が食べられる良いお店だと思いましたぴかぴか(新しい)



べじカフェ1919の詳細
posted by BBSHIN at 13:43| Comment(0) | カフェ・喫茶店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。